ひだりの木目
HOME > CUSTOM > スーパーチャージャー
スーパーチャージャー
線


スパーチャージャー取り付け画像

スーパーチャージャー Supercharger
動力源(エンジン)に付加的に追加する、過給器でクランクシャフトから動力を得て、駆動する過給器となります。
遠心式、ルーツ式、リショルム式、スクロール式など、形状、方式により幾つかの種類があります。
ターボチャージャーに較べて、低回転での過給効率に優れ、オートマ車にも最適なシステムです。また、アクセルレスポンスに敏感でドライバーの意思にリニアに反応するなどの利点もあります。欠点としては、アイドリング時でも過給がかかる特性があるので、若干の燃費の悪化が考えられます。

スパーチャージャーエンジン画像
スーパーチャージャーメーカーの評価について

Kenne Bell

ここは、基本的に輸出した商品への保障をしていません。ストリート用SCとしては、古くからあるメーカーですが、信頼性の部分では?が残ります。
アメリカ国内であれば、それほど問題はないかもしれませんが、海外となると、対応が後手にまわってしまう可能性が高いメーカーです。

Whipple

このメーカーもストリート用SCとしては、古くからあり、実績も十分です。しかし、基本的に輸出した商品への保障はしていません。テックサポートはしっかりしていますが、現車の無い状態でのサポートには限界があります。フォードレーシングのオフィシャルサプライヤーでもあり、信頼性の部分では、近年特に向上したメーカーです。

Vortech

セントリフューガル(遠心)方式(Turboユニットのような形)のSCとしては、古くからあるメーカーです。一度倒産したPaxton社の技術を吸収してさらに大きくなりました。比較的安価なキットとしても知られています。
最近は、軸受けベアリングの耐久性が向上した為、あまり問題はないようですが、依然として、問題視される場合もあるようです。


Paxton

セントリフューガルSCの老舗です。一度倒産しましたが、復活しました。しかしVortechに水をあけられて以来、苦戦しているメーカーです。昔は耐久性が無く、よく壊れる安価なキットとして有名でしたが、最近のキットは改善されているようです。


Procharger

同じくセントリフューガル方式のSCです。基本Vortechと同じ&ライバルです。

Rotrex

同じくセントリフューガル方式SCですが、アメリカではマイナーな存在です。ヨーロッパのメーカーだったと思います。

Powerdyne

電動スーパーチャージャーの特許を持っていたメーカーですが、あえなく、倒産に追いやられました。いまでも活動しているとの噂は聞きましたが、さだかではありません。

Eaton/magnesen

SC最大手といっても良いと思います。Eatonといえば、世界的にに見れば大企業ですし、自動車メーカー純正SCとして採用さる為、信頼性という面では一番高いのではないでしょうか。しかし、アフターサービスの面ではあまり期待できません。

Weiland

すっかりストリート用SCとしては、置いてけぼりを食らってしまった。旧式SCのみを扱うメーカーです。80年代からあるSCを今も製造販売している貴重なメーカーではあります。ドラッグレースでは、いまだに健在です。またロッド系SCでは安価なSCとして#1です。10年程前にB&MのSC部門も吸収しました。

Blower Drive Services

ドラッグレース用SCとして、80年代から現在まで#1メーカーですが、ストリート用はWeilandと同じく置いてけぼり状態です。ハイエンドロッド系では人気があります。

その他OESとしてSCを扱っている所

Ford Racing

WhippleやEatonのSCをキットとして販売しています。テックサポートはしっかりしていますが、海外への保障は行っていません。簡易取付けけキットとしては良いのではないでしょうか。

Edelbrock

はどこのSCを使用しているのかわかりませんが、多分EatonかWhippleではないかと想像しています。テックサポートはしっかりしています。海外への保障は行っていません。簡易取付けキットとしては評価があります。

Roush

もともとはレーシングチームが前身なので、パフォーマンスには定評があったのですが、最近は、一般化が進み、昔ほどではなくなりました。テックサポートは普通だと思います。海外への保障はありません。どこのSCユニットかは不明です。

セットアップに関しては、基本的にハンドヘルドツールが付いてくるタイプと付いてこないタイプがありますが、どれも自分で書き換えても、その事自体は、問題はないと思います。但し、基本的には、ストリートキットの場合は、書き換え等を推奨しておりません。(メーカーによっては禁止)
問題になってくるのが、コンピュータの書き換え等を行った場合、テックサポートが、わからないという事で、受けられなくなってしまう事です。ストリートオンリーなのか、レース目的なのか、ドラッグレース系なのか、等使用目的によってメーカーを選別してゆく事が望ましいです。



お問い合わせフォーム



LINE問い合わせ MAIL問い合わせ MAIL問い合わせ
名前Your Name
ふりがなName Reading
メールアドレスMail Address
メールアドレス(確認)Mail Address Confirm
郵便番号Postal
 郵便番号検索
住所Address
電話番号Phone Number
お問い合わせの内容Mail Contents

BUZZ FACTORY
〒350-1121
埼玉県川越市脇田新町7-7
お問い合わせ 049-238-8110
MAIL info@buzz-factory.net     
Copyright © 2017 BUZZ FACTORY

HOME会社概要求人情報サイトマッププライバシーポリシー掲載雑誌
PAGE TOP